今の芸能界、業界。

ハリウッドで業界人のセクハラ問題を訴えるme too運動がありました。

一般的なセクハラの大きさでいうと小さいのかもしれませんが、ドラマの中で菅田将暉がセクハラをしていたと思います。

他の芸能人のドラマもあやしいのもいっぱいある気もします。

菅田将暉とその関係者は、おそらくそのセクハラ話題を「あー荒野」の作成によって情報操作で隠ぺいするようにしたと思います。

菅田将暉は、ハリウッドの活動が起こる前はなんとなくセクハラをしても堂々とした態度をとっても大丈夫だろうというような感じをしていました。

菅田将暉は父親のコネで芸能界に入っているので、おそらくその力関係での事だと思います。

普通の人がやったら、仕事できなくなっている状態だと思います。

私が知らないだけで、他にもそんな人がかなりいる感じがします。

それを知っていたからのような気がします。

その後でのme too運動、ハリウッドの黒いドレス運動が起こり、日本テレビ、他のテレビ局もあるのでしょうか、他には一般雑誌の力で、このセクハラ、レイプのなどの日本での情報、影響のもみ消し活動を妨げる状態に一時期なりました。

日本テレビのドラマを見ても、急にもみ消し用の作品の作成から、一点、セクハラはダメだというドラマが急にでました。

どのような感じでドラマ作成ができるようになったかは知りませんが、タイミング的には確実にハリウッドの活動が起きてからの動きでした。

そのまえの作品の作成はセクハラ行為の隠ぺい用でした。

いつもの事だけど、セクハラ排除運動の風化が起こり始めた今のタイミングで、日本の業界にセクハラなどを許すような印象操作が行われるドラマ作成がでてきた気がします。

雑誌も動いているところは動いているように見えます。

ドラマの作成に参加した俳優などはわかりませんが、そのセクハラを別に問題ないようにするためのドラマ作成が行われているように感じます。

事務所の問題なのか、俳優が生き残るためか露出が多いドラマが急に増えた気もします。

利用されている人も多い気もします。

見るからに罠だろうというような新ドラマだったなと感じてました。

状態が悪くなると「毎回今度こそ信用できるのでは」という空気をかもしだして、信用した人を利用する感じばかりします。

信じてしまうのも人間なのかもしれません。

これから業界の先の状態を見ればおのずとわかってくるような気がします。

 

毎回、問題あるようなタレントが出てくると日本テレビのゴールデンなどに急にそのタレントを起用してる気がします。

そのタレントを事務所の力でいい印象にしたいという事でしょうか。

例えば、明石家さんまの番組が急にゴールデンで作成されてゲストになっていたり。

業界の人はみんなわかっていると思います。

 

前の日本テレビの元社長もきっと実際の力はないように感じます。

実行権は誰か違う人が持っている気がします。

日本の業界全体がセクハラなどの話題にさけるような動きをしているという感じがするので、影で何かそっち関係の問題がまだ残っているのかもしれません。

 

個人的には、そういうドラマ作成などに加担したくないな。

おすすめの記事