キーワードプランナーが新しくリニューアルした件について。

私の場合、少しプログラムをかじっているので、どんな感じに仕様が変わったかなどは想像がつく感じです。

少しプログラマーよりな話になります。

 

今回のキーワードプランナーの仕様変更についてですが、やはり私は盗撮されているので、それを見て仕様変更がされていると感じました。

 

キーワードプランナーは、入力項目にキーワードを入れるとその月間検索ボリューム数などが表示されます。

知っている人は知っていると思いますが、その入力項目に一気に複数のキーワードのボリュームを入れると複数同時に調べられる仕様になっていました。

私はこれを利用して、この複数のキーワードのボリュームのデータををCSVファイルとして保存します。

そして、有料のキーワード調査ツールにCSVファイルをインプットして、キーワード調査を行っていました。

 

新しいキーワードプランナーはその一気に複数のキーワードを調べられる上限が10個までと変更になりました。

 

私と同じような方法をとっている人は、有料ツールなどで調べるときは、10個ずつ調べるなど非効率な方法をとらないといけなくなりました。

あまり使いこなせていないのでわかりませんが、複数調べるときは「指標?」と書かれたリンク先でやれるみたいです。(書いていて私自身、よくわかっていません。)

 

 

今回、多分新しい機能として他人のサイトのURLを入力項目にいれる事で他人のサイトがどのようなキーワードで入ってきているか調査できるようになりました。

今までは多分、サーチコンソールで自分自身のサイトの流入キーワードだけを調査できる仕様になっていたと思います。

凄く、アフィリエイターにとって便利な機能がついて喜んでいる人もいると思います。

実はこれはあまりネットで紹介されていないので知らない人も多いのかもしれませんが、他の無料ツールで調べられる事ができました。

私は有料のツールを使っていなのでわかりませんが、おそらく有料のツールでもできていたはずです。

私の場合、実はこれを利用してお宝キーワードを探して手に入れる手法もとっていました。

今回の仕様でそれが他の人も簡単にできるようになってしまいました。

これはサイトに流出したキーワードを複数のキーワードを一気に取得できる仕様になっています。

 

また、当然といえば当然とも話せますし、そうしない事もできたと思いますが、キーワードプランナーが新しくしたことで、これまでのキーワードプランナーのサイトのHTMLなどの記述が変わっています。

厳密にはHTMLの話ではないかもしれないけど。

だから、有料ツール、または無料ツールでキーワードプランナーからHTMLの記述で書かれたプラグラムコードを使ってデータを取得しているツールは仕様が変更になった事でこれまでのツールのプログラムでは取得できなくなったっぽいです。

どういう風に新しいキーワードプランナーは、プログラムの記述を変えたり、他にも何かしているかもしれませんがそれをツールを作っている人達は対応しないといけません。

それを対応して、データを取得できるようになっているのかもわかりません。多分、プログラムを変更すれば予想ではできるとは思うけど。

 

とにかく、このような感じになりました。

でも、普通にプログラムで生計をたてている人だったら、データ取得方法が変更になるのは予測できてもおかしくはなかったから、それは当然なのかもしれないと考えるのが普通なのかも。

 

とにかく、私の見つけたやり方などをどうこうされているので、私は不利になっていきます。

キーワードの勉強や調査に、かなり時間をかけてたんですけど、それも対応されていっている気もします。

 

ちなみにSEOを調査しているサイトでは、ホワイトSEOで上位を狙うには以前と比べて難しく、ブラックSEOをしているサイトが上位に上がりやすい仕様に変更されているっぽいと話しているサイトがあります。

 

やっぱり、最近になってブラックSEOを検討して作業しだしていますが、やるなり、後あとやらなくても知識を入れる必要はあるなと思いました。

またホワイトSEOが強くなったりするかもしれないし。

 

これまでホワイトSEOで頑張ってやっていた私はバカを見るだけになります。少し、グーグルよりに頑張ってみようとは思っていましたが、やっぱり、綺麗な話ではありませんが、きちんと対応して仕事をしないといけないと思いました。

ペラサイトはぬきで考えると、ホワイトSEOでの構築で作業量を増やして更新も怠らない感じだったらいいのかもわからないけど、私の環境ではきついです。

今回の件とかいい例だから、わかると思うし。

 

全然稼げていないし、なんとかしないといけません。

このサイトの記事が一番、多いので、きちんとしたアフィリエイトのサイトを作れていないだけでもありますが。

 

おそらく、グーグルの仕事をしている人で、サイトの表示画面だけ作ったりしてる外部設計の段階ではどんな作りになるか知らずに作っていた気もするし、実際に画面にどう表示されるかプログラムを組む内部設計などの段階になって仕事をしている人は、どんな仕様になっていっているか段々わかってきたんじゃないかと思います。

きっと、新しいワードプレスもそんな感じでプログラマーなどが作業して、後から上部の人間が変な作りをさせているのに段々気づいていく感じになったと思います。

だから、良心的なプログラマーが、ワードプレスのクラシックのプラグインの対応で古いワードプレスを使えるようにも考えた気もします。以前のワードプレスのテーマが使えなくなるのもある事もあるからでもある気もしますが。

 

人間って嘘でもやらせれば仕事を始めるし、やらせれば仕事をしてしまうだろうとかそんな風潮で世の中が回っています。

逆に変だと気づいて仕事をしない人を見るとその人を非難したり、仕事をする事自体に正義を話したりとか。(私も以前はそういう事をしていた気がします。どっちがいいのかわからないけど。自分自身の事を話している気がする)

そういう人も、上部の人間からすると使いやすいだろうし。

表向きはいい事をしていると話しているけど、実際は違っていて、それに気づかせないようにして利用者、労働者を増やす手法です。

なにかのビジネス本にこういうの書いているのでしょうか。すごいこういうのが多い。

結局、お金が欲しいとか必要だとかでやってしまったりするんですけど。

 

でも、仕様変更自体は確かにグーグルの利益になる方向でするべきなので、わからないでもないですし、盗撮して情報を得ている以外であればわかる仕様変更でもあります。

きっとツールの使用料はもらってないから、他のツールに利用者が流れるのはイヤだろうし。

 

グーグルは内部で働いている人も、どんな感じで会社が動いているのかおかしいと思う人がいるからストライキみたいな行動まで起こしているんだなと思って。

日本と違って海外の人はそういう行動力も高いなと思います。

 

グーグルに限った事ではなく、政治や企業もこのような手法をとっている事が多い世の中なので、私が見ている世界だけでなく、他の人も見ている世界だと思います。

多分、この件に関しては私より他の人の方がこういう世界を味わっている気がします。

 

今回のキーワードプランナーの変更の件についてですが、今はそれほど怒っているわけでもないのですが一応、経緯とかサイトで書いておいた方がいいかなと思って書きました。

一番、思ったのがツールを作っている人からしてみても、仕様変更は困るわけだろうなと思いました。

私自身も痛手なのに、私は盗撮されて見られて変更されてそれについてもとがめられる可能性もあるし。

 

その回避というか、そんな感じでこの記事を書きました。

きちんと非難しないと、つけこまれる事もあるし。そういうのも面倒です。

 

日本での状態を見てもかなり、つけこまれているので。

 

グーグルとしては、キーワードプランナーを使う環境にしたいわけだけだから、わからなくもないんですけど。

 

もっと悪い状態になるんじゃないかと予想してもいたし、本音はそれがなくなった感じがしてます。

書き始めていったら、他の事も思いついてエスカレートして書いてしまったんですけど。

 

・・・なんで、こんな作業をしているんだろうと思う。

歴史で何かあるんだろうけど。

可もなく不可もないくらいの平社員が一番だなと思いました。

おすすめの記事