脳男

を作っていたわけだから、ayaさんをジャーニーズが殺害している事は知っていて、こういう事をしているのですか?

監督 瀧本智行
脚本 真辺克彦
成島出
原作 首藤瓜於
製作 藤本鈴子
由里敬三
藤島ジュリー景子
市川南
藤門浩之
伊藤和明
入江祥雄
松田陽三
宮本直人
製作総指揮 城朋子
出演者 生田斗真
松雪泰子
二階堂ふみ
太田莉菜
江口洋介
音楽 今堀恒雄
ガブリエル・ロベルト
suble
主題歌 キング・クリムゾン
21世紀のスキッツォイド・マン
撮影 栗田豊通
編集 高橋信之
製作会社 映画「脳男」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2013年2月9日
上映時間 125分

 

そして、本当の交際歴はどうなのか、あなたは私を知っているのかもしれないですが、いろいろ私は知りません。

ご自身達の殺害をドラマにしてください。

ばれたらごめんなさい。知りませんのパターン、人の顔をうかがうような発言はもういいです。

他にもいっぱい隠して、こういう事してますよね。

 

何人もの女性と交際しているのに、私が何か言われるのがよくわからない。

隠してるからなんだろうけど。

隠す隠さないも私はないのに、きちんと女性を対応するのもきついわけだし。

どう考えても、女性と接してる数とか期間で対応が上手いように見えるんだけど。

何人も交際してた方が正解なんだろうけど。

ここだから書かせてもらうと、なんでドラマだから男性と女性がキスとかしてOKで感動してとかで、俺はこんな生活で非難するのかよくわからない。

私の場合、特にそういうのを見させられて感動してとかという神経になれません。

生田さんが恋人とご自身の恋愛ストーリーでドラマでキスするとかなら、わかるかもしれません。

きっと生田さんが過去の恋人とのストーリーをやったら、女性は非難になるんだろうと思います。男性は逆に感動する人もいそう。

別に本人同士とか関係者が了承して、キスして視聴者の女性が満足しているなら、私に何もいわないのなら別にいいとは思います。

そもそもドラマでキスしている人が、スキャンダルで他人が手をつないでいるだけとか食事しているだけで騒いだり、怒っているのも私は理解できないくらいです。

ドラマでセックスまではしないのは当たり前だとかも、どこから線引きしてるんだとか見えてしまうくらいです。

リアリティを求めるものだとして、セックスするのもおかしいけど。

後、ドラマでハッピーエンドにするために不必要なくらいキスとかハグとかさせたりして出演者、女性の視聴者もそうなのかもしれないけど、それで満足させて私にダメージを与えるドラマの作りとか。

男の私からするとロマンがないのかもしれないけど、ハッピーエンドのために体を使われても何が楽しいのかわかりません。

ただ、女をだましたりしている悪い男が知識をつけている人がつくてるんだなとしか感じません。

女性は百歩譲ってそういうものだとしても、男性がそんな感情なのかというと納得できないし、どうみても女性のそういう感情を利用して発言、行動しているとしか見えない。

脳男も私を殺人犯だとドラマで話していて、自分たちはテレビで殺人犯だというのはNGでとやっているわけだし。

見られていると思って生活しろというと、自分たちはそうじゃないし、引っ越しているし。

恋愛はばれると、周りがあるから隠していると思えば、私の恋愛をどうだこうだとか。

何回も仕事を盗撮、盗聴とか、知らないふりして渋滞させたりとかして仕事を邪魔しているのはわかるんじゃないかと思う。あなた達がこういう事をしているから仕事ができないようになっていっているのもあるし。

あなたの声も聞いた事がない人ですが、やっている事をわかっていて仕事して、脚本家のせいにするのは辞めてください。

ジャーニーズはみんな同じ手を使うじゃないですか。どんな事をしてきたかわかっていたプロデューサーなどの仕事してばれたりしたら、人のせいにして。

・・・脳男の製作者9人って完全に責任逃れのためじゃないんですか。

やっぱり手口がおんなじことをずっとやっている気がする。

音声送信して仕事の邪魔をして、何がニートだよ。

年配の女性が前から音声送信してうるさいし。

最近、車でいやがらせしている女性も年配の女性が多いのも偶然なのかどうなのか。

 

凄く思うんですけど、女性関係とか何か都合が悪い事があったりすると、うちの方面の人間が体に病気が出たり、何かしら悪い事がたくさん出ているように見えるのは偶然なんでしょうか?

全員、体を壊してなど勉強に支障がでて成績が落ちているとかあります。私だけだと思ってたんですけど、全員でした。

少なくとも、業界の人は同じ偶然が起こっているなくらいは感じていないとおかしいですよね。

 

書くタイミングは悪いかもしれないし、悪いですが菅田は個人的にダメになってますが、

悪いけどこの情報を見る前に違うものも見てしまってもいますが・・

 

二階堂ふみさんは、この時はこの映画監督とかそういう人に17才で反発する行為をしてもらえていたみたいでした。

並外れた身体能力を誇りながら、感情を持たない殺人マシーンの脳男と、彼を追う者たちの姿をスリリングに描く本作。生田は初の本格的アクションを演じるうえで、肉体作りや武術稽古にも励んだという。司会が「生田さんの鍛え上げられた肉体はいかがでしたか?」と語りかけると、満員の会場も熱い拍手で生田を絶賛!生田も「説得力あるアクションになればと、撮影の半年くらい前からトレーニングをした。そう思っていただければ嬉しいです」と笑顔を見せた。

続けて「二階堂さんの首を絞めるシーンがあったのですが、監督から『もうちょっと絞めて』と言われて。そうしたら、ふみちゃんがバタンッて落ちちゃって。17歳の少女を落としてしまったとトラウマになった」と壮絶な現場の様子を振り返った。二階堂は「ふわっと行きましたね。未知なる体験でした。みんな死ねって思っていました。役作りとして、病的にやせてほしいとも言われて。『早く終われ、この現場』と思っていました」と答え、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。これには瀧本監督も「多分、僕が一番、『死ね、死ね』っていう目で見られていましたね」と苦笑しきりだった。

「二階堂さんが監督に『死ね、死ね』っていうオーラを出す度に、『よし!』って楽しんでいました」というのが太田だ。劇中では二階堂とのキスシーンにも挑んでいるが、「監督に『糸を引いて』といわれて。水飴をなめてみたりしたけど、なかなか糸を引かなくて。監督の趣味ですか?」と疑問をぶつけた。瀧本監督は「20回くらいやったけど、ひかないんだよねえ。若いから唾液がサラッとしている。おじさんとかおばさんだとねっとりするんだけどね」と語り、二階堂と太田の笑いを誘っていた。

本当にテレビを見ていない生活なのできちんとみんながどんな人なんかわかりませんが。

やっぱり、この頃の業界の状態はわかってないですけど、ジャーニーズとか瀧本監督がやっていた事は異常な事ですよね。

この頃から業界は変態的な作品行為を行ってるし。昔からなのはあるのはそうですけど。

こういう事している業界とかドラマ撮影とか本当に何がいいのかよくわからない。

 

キチンと制作されたドキュメンタリーとかそういうのを見てた方がいいと思うし、日常が集団ストーカーでいやがらせがなければ、外でいい景色を見たりしてた方がいい気がします。

 

17才の女性にこういう事をさせているのは、作品もそうだけど異常な人間がしている気がします。

これは人生が狂う気がする。

私は日常を経験しているから、いやがらせ行為はするのはわかるし。

おすすめの記事