これから何度も書くと思いますが、やっぱり許可なく盗撮・盗聴などをして作品を作ったりする行為はやめた方がいいと思います。

例えば、監督、脚本家、俳優、漫画家もそうだと思いますが、スキャンダルなどはプライベートは隠している方も多いと思います。

実際に芸能人の恋愛は世間に隠している人が一般的なくらいだと思います。結婚する時くらいになって交際を発表するし、それを物語にする事もほぼないと思います。

それは、当然他人に知られたくないからなのではないでしょうか。当人たちの利益にもならないともあると思います。

それだけ当事者にとってどれくらい危険なのかは認識しているはずです。

それが私からすると不必要にそれを行う事が不思議でなりません。

どれだけ大変な状態になっているのかはわかっているのかどうか。

本人達は自分の作った物語にさえ自分自身を登場するのも避けている人もいると思います。

盗撮・盗聴で私の私生活を仕事にさせられるのもイヤというか、生活すること自体が困難になるのでやめて欲しいです。それは私だけでなく他の一般人の人もそうだと思います。

例えば、

私生活でパンを食べたいのに、脅したりしてご飯を食べさせられたりしたらイヤではないでしょうか。

カラオケに他人が入ってきて、歌を歌うなとか、この曲を歌えとかなるとイヤではないでしょうか。

これも本来はやってはいけない行為であるはずです。

今はインターネットやSNSがあるので、やろうと思えば24時間自分自身の私生活を放送したり、コメントを受けてそれに答える事もできると思います。

これを読んでいる人もそういう事はやりたくないし、実際それをしても続かないのではないでしょうか。

 

おすすめの記事