業界に個人だけでなく、企業にも会って話をしてもらえるように手紙を書いたりしているし、このブログでもテレビ局にメールをしても返信ももらえない状態ですから、

なんだかわからないですね。

 

そうなると会う努力をしても無駄なわけですから・・。

 

前例を見ると、業界から女性に本人は知らないで気があるような作品が出て、業界から嫉妬される流れで現実状態でも集団ストーカーの工作員によって嫌がらせを受けて終了ですよね。

それだけでもないのもあるんでしょうけど。

 

そう考えると、私もそうなるルール上で動かされているわけなんで、実際これまで見ても、同じ傾向になっているとみるのが現状でもありますよね。

 

そうなると話が戻ってしまうか・・・。

 

音声送信とかの技術とか、本当に余計なものまで世の中に出てしまってるなと思うし。

思考盗聴まで本当だとしたら、携帯電話いらないですよね。

おすすめの記事
アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は持ち株を処分し、550万ドル(5億7000万円超)の富を手にしたし、サリー・シュズマン副社長も220万ドル(およそ2億3000万円)分の株を売却した。
コロナ(※間違った私の情報記事もあるので注意してください)
アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は持ち株を処分し、550万ドル(5億7000万円超)の富を手にしたし、サリー・シュズマン副社長も220万ドル(およそ2億3000万円)分の株を売却した。
東日本大震災があった後、急に株が上昇した時のことを思い出します。 当時、私はこのような時に株の上昇する動きを見て、はじめて、お金って何なんだ...