少し気になった事ですが、

ロシアがマリウポリ市民に化学兵器を使ったというニュースを

昼のNHKのニュースを見る機会があり、

 

気のせいもあり、人を特定するのも、その人物であっているか

わからないので控えますが、

少し笑いながら報道していたように聞こえて、

 

その関係でネットを調べていたら、

いろいろマリウポリについて調べていたら、

ANNのホームページにたどり着き、

 

その中で、ANNのネットニュースの動画配信を見ました。

 

そうしたら、黒いふちの眼鏡をかけた女子アナウンサーが見えて、

ネットで眼鏡をかけているテレビ朝日の女子アナっているのか調べてみました。

人を特定できないなと思いながら、

 

またANNのネットニュースを見ていると

そのニュースは同じニュース動画を何度もループで流しているようなので

さっきの黒いふちの眼鏡をかけた女子アナウンサーが出るかどうか見ると

今度は男性アナウンサーと違う女性アナウンサーが出てくる動画に代わっていて

 

また再度、ループされたニュース動画を見てみると

今度はその置き換えられた男性アナウンサーと女性アナウンサーの動画部分がなくなって

ニュース動画が流れていました。

 

これがちょっと気になった事でした。

 

後、マリウポリへの化学兵器で気になったというか、

わかっている人はわかっていると思いますが、

 

というか、私が指摘するまでもなく、

私よりいい大学とか出ているわけでしょうから、

仮にまだ変だという事に一般市民がわからない人がいるとしても

そんな事はわかっているでしょうけど、

 

情報の順番的に先にロシアがウクライナで生物化学兵器を作っている建物があると

話してその拠点を破壊して、

その後にディープステートで表現をしていいのかなと思いますが、

ロシアが化学兵器を使おうとしていると報道し、

 

その後、当然のようにロシア側は否定し、

 

その後、これは確かそうだったかなと思う話なので

私の勘違いかもしれないですが

ロシアがドローンを使ってウクライナ側が市民を・・という話があったと思うんですが、

 

その後、今回のマリウポリ市民へを2万人

化学兵器をドローンを使って殺害したという話で。

 

まだ、ロシア側の話が出ていませんが、

仮にそれを否定するとして。

 

そうなるとゼノフスキー大統領が

自国のマリウポリ市民を殺害している事になるんですよね。

 

報道通り、ロシア側がやっているという可能性も否定はできないとも

一応書きますが。

 

ドネツクの市長だったと思いますが、Zを出してた方で

そこの地域はロシア側という事で、その地域からするとロシアから救援されたという形で

市民にSNSで情報に惑わされずロシア側の事を信じるという話をしていたと思います。

 

だいたい、ここでいうどちら側であるかどうかは関わらず、

基本的に市長とかの人は頭が悪い人ってまず少ないと思うんで、

この市長はこの状態を経験し、今回も予見して話していたとして

そこの市民がそれを理解していた又は従っているとしたら、

ロシアに守ってもらえている状態が平和に近いと思います。

 

ただ、ウクライナ市民はどう動くかですよね。

おそらく、ネットなどの文化とか日本と進み方が同じだから、

若い人はこのような情報の可能性を理解し行動を考えていても、

お年寄りの世代は日本と同じく信じない人もいる、または多いのかもしれませんし。

 

知っている人も、仮にですがロシアの話していることが本当で

基本的に市民に手を出さないだろうと思っていたとしても、

ゼノフスキー大統領側が市民を殺害している可能性を感じてはいるでしょうし。

 

そういうふうに持って行っているんでしょうけど。

 

他人事でいうのは変ですが、

凄い生活感で生活しているなと思います。

 

ニュースを見るとそういう風に報道が真実だと見える感じは

この状態でも私も感じて見えるので。

 

そういう事を踏まえて

ネットでいうホワイトハットと話したりする人が

必死に真実はこうだと話す人の心境もわからなくもないし。

 

私の場合、このタイミングで

リアルタイムに近い感じで

こういう情報戦を見ているのは初めてだと思うので、

こういう感じで世の中は動いていたんだなと。

 

私はやっぱり踊らされて動いてた状態もあるので、

情報を見ていく形がいいのかもしれないなと思うし。

 

こういうのをわかってて、テレビ局とか業界に入っているのか

私からすると思ってしまって。

それだけ楽しい方が強いものなのか。

裏の特権とかがでかそうな背景も見えそうですけど。

 

菅田は特別扱いだと見受けられはするので、

また戻ってきそうですけど、

本当にやばい時は逃げているように見えるし。

おすすめの記事