いらんものを見てしまった。

ロシア、ウクライナの国連関連を調べてた時に

まだ見ようとしない予定だったのものを見てしまいました。

 

というか予想はしてたけど、予想通りで。

通常の感覚で予想する方が今回は正しかったという事ですよね。

 

ちょうど偶然にもウクライナ問題、ガーシー関連で

メディアや業界は見えた部分もあったと思うし、まだ見えないものもあるでしょうし。

 

とにかく、私は動かせてもらうと思います。

本音をいうと、はっきりいって

そういう人達の金や生活を心配する以上に私は金がないので

金を使いたくもないのもあるんですけど。

 

なんで、こんな日曜日のタイミングに見ないといけないのか。

日曜だからいいだろうという人もいるんでしょうけど、

私のタイミングとか計ってたんですけど。

 

いい方に考えると、そういう女性関係で

変な事に首を突っ込む理由がなくなって良かったと思えばいいだろうし。

 

また、いろんな人たちの利権などのためもあったり、

その人たちも

よってはくるんでしょうけど。

 

そういう金なんて、私を含め一般人よりもらって生きていくんだろうし、

そういうのを気にするのが私からするとわからないので。

 

そんな事より

ゲセラで普通の人達に生活資金が入るような仕組みに変わった方が

いいでしょうし。

 

でも、国連が比較的というか、正しい方面だと思われる判断を示すと思ってなかった。

いろいろな陰謀の話があるわけなんで、

民族的なもので、喧噪だけでなく殺害まで言っている状態で

苦しんでいるんなら、こういう状態を起こす前に

どこかで、それを止める制裁を下すべきなんですよね。

 

ディープステートでの話でゼノンスキー大統領がしたがって、

やっているのが実態なんでしょうけど、

表側で見えてることでいえば、ウクライナの大統領である

ゼノンスキー大統領側がそういう民族的な虐殺が起こっているなら

そういう事を起こさないようにする責任があるのは

ゼノンスキー大統領でしょうし。

 

後、そうなるとロシアが話しているのか情報は確かかわかんないですが、

生物兵器をウクライナとかで作っているとか

子供の救出関係ですね。

自分の子供がどうこうは知らないですけど、

こっちの子供は本当に命がかかっているんでしょうし。

それをディープステートがする予定があるとか、そういう話もどうするかですよね。

 

おすすめの記事
アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は持ち株を処分し、550万ドル(5億7000万円超)の富を手にしたし、サリー・シュズマン副社長も220万ドル(およそ2億3000万円)分の株を売却した。
コロナ(※間違った私の情報記事もあるので注意してください)
アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は持ち株を処分し、550万ドル(5億7000万円超)の富を手にしたし、サリー・シュズマン副社長も220万ドル(およそ2億3000万円)分の株を売却した。
東日本大震災があった後、急に株が上昇した時のことを思い出します。 当時、私はこのような時に株の上昇する動きを見て、はじめて、お金って何なんだ...