世界ではデモ行進を行っている場所が多いみたいですね。

 

※この他にキューバでもデモ行進があった情報を見ました。

 

 

この日本では、コロナパンデミックが嘘だと分かっていても、国民からの大きな抵抗は起こっていませんが、海外ではコロナの規制などに対する大規模なデモや行進が次々と行われています。

見ての通り、「コロナは存在しない」ということが世界中に広まり、国によっては、国民が全くコロナを恐れていないという状況になっています。

このような世界の様子を知ると、いかに日本のメディアが嘘しか報道していないかがよく分かります。

実際、マスコミはこういった世界の状況を全く報道しません。

今年の3月、インドでは多くの人々がマスクを着けずに、お祝いの日のイベントに楽しそうに参加しています。

ドイツ・ベルリンでは、昨年の8月にコロナ政策に反対するデモが開催され、沿道は国民の怒りの声で満ち溢れました。

今年1月にはオーストリアのウィーンで、コロナ規制に対する抗議デモが開催され、1万人もの人々が集まったそうです。

○コロナ規制に抗議 1万人がオーストリア首都でデモ

このように世界では、多くの人々がコロナ禍をでっち上げたイルミナティに激しく抵抗しています。

私たちも根気強く真実を発信しつづけ、創価学会をはじめとしたイルミナティに抵抗し、彼らを滅ぼしていかなければなりません。

おすすめの記事
アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は持ち株を処分し、550万ドル(5億7000万円超)の富を手にしたし、サリー・シュズマン副社長も220万ドル(およそ2億3000万円)分の株を売却した。
コロナ(※間違った私の情報記事もあるので注意してください)
アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は持ち株を処分し、550万ドル(5億7000万円超)の富を手にしたし、サリー・シュズマン副社長も220万ドル(およそ2億3000万円)分の株を売却した。
東日本大震災があった後、急に株が上昇した時のことを思い出します。 当時、私はこのような時に株の上昇する動きを見て、はじめて、お金って何なんだ...