前からちょっと気になってたけど 間違って広まってる部分もあるんじゃないかと

思う話もあって。

 

偽旗というのかわかんないですが、業界とかイルミナティなのかディープステートなのか枠組みはわかんないですけど、そういうのと戦っている人に対して悪い情報や悪い待遇をされた事を

その情報を見て粛清が行われたという表現が出ていたりしてるのもある気がして・・・というか、そうだと思うんだけど。

 

橋本さんも大阪の知事関係の時とかそういう組織と戦っていた時期があったわけで、マスコミにジムに行くのに経費にしたとかしてないとか小さい事を叩かれたり、わざわざそういう苦労してまでやっているわけなんで、それでゴムマスクがどうこうという話も出てたし。

トムハンクスもイルミナティ関係の映画を作ったりしてたけど、そっち関係だったとかなってたりとかで亡くなったとか。

 

みどりの党とかも・・・名前が出てこない。小池百合子さんですね。安倍政権の時、自民党だけど自民党内で派閥というか、そういう流れを起こして、選挙の時に海外にいないといけない時期に行われてとかで、テレビではそういう扱いで中継されてとかで、ゴムマスクだったし。

ただ、正直な感じ、私は関係が良好だったかというとそういう感じではないと思うけど、でもそういう流れはありましたから。

 

でも、そういう業界内の話をプーチン大統領レベルまで話していないのも、気になるので、それもまたある意味枠組みが違う気もしますけど。

 

黒柳徹子さんも、女性関係での業界で悪いものとかに反対するような言葉とか話していたのを見てもいたんで。ジャーニーズ関係の時だったと思うけど。徹子の部屋はそういうジャーニーズ関係のゲストなども扱っていたんですが、コメントはそういう話とかしてましたし。

 

良い行動をすると悪人扱いにする印象操作をしてるのもあるんで、そういう力って日本だけでなく世界レベルでそうなってるんですけど。

 

そういうふうに見せようとしているわけなんで、それが成功しているからそうなっているだけなのかもしれないけど。

 

空気的には、そういうのを感じるんですよね。私関係で良くしてくれた人とかそうでない人とかで悪か正義がというものをとらえてしまっているのもあるのかもしれないけど。

 

やっている行動がおかしいという人もいるんで、そういうのはこのブログでも書いてたけど。

 

ニュース番組とかまともな人間が扱ってたら、精神的にきつそうですから・・・よくあんな感じをずっとやってられるなと思ってしまう感じですし。

だからこそ、今、こうなってるんでしょうけど・・今もなのかもしれないけど。

 

デスノートが流行った時期とか、私は知らないですけど911だったんで、そういう時期と同じような事が起こっているんじゃないかと見えるけど。

 

ただ他人事ですが、正義心が強い人とか大変ですね、こういう感じだと。いつの世もなんでしょうけど。

名声とかより、こういう感じで大変な目にあってとかですから。

 

私はメンタルが持たないし、

24時間戦えますか?というのがあるので・・・本当にその通りです。

戦わされている感じなんで、こうなってる感じだと思うし。

 

おすすめの記事
コロナ(※間違った私の情報記事もあるので注意してください)
アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は持ち株を処分し、550万ドル(5億7000万円超)の富を手にしたし、サリー・シュズマン副社長も220万ドル(およそ2億3000万円)分の株を売却した。
東日本大震災があった後、急に株が上昇した時のことを思い出します。 当時、私はこのような時に株の上昇する動きを見て、はじめて、お金って何なんだ...