メルマガ登録したい方はこちらから。(現在、無料)

営利目的で作ったメルマガです。

具体的内容はこちらから。

最近というか、昼に車を動かした時期に外の光景を見て思って。

夜動く事が多いから、昼の光景が新鮮に感じて。

他の人はわかんない人も多いんでしょうけど。

 

スズメとか、カラスもそうなんだろうし、ほかの鳥もそうなんでしょうけど、たまに群れをなして飛んだり、どこかに止まったりするのを見て。

 

そういう動物からすると人間もまた、同じような感じで見えてるのかなとか思って。

 

口説いているんじゃないかなと思う鳥が見えたり、片方の鳥が寄って行ったら、片方が逃げて飛んで行ったり。

 

生存競争とか、弱肉強食とか、捕食とか、悪とか、正義とかあるんだろうし、恐怖心で群れているのもあるだろうし、単に楽しいから群れたりしてたりもあるだろうし、どの生物もそんな感じで、たまに群れを見るとなんでこんな群れているのかなと思って見る光景があるんですが、こういう感じなだけなんじゃないかと思って。

 

こんな感じなだけというか、こんな感じなんだろうなと思って。

他の生物の群れの意味とか、なんで集まっているとか他の生物は考えないで生きていると思うし。

 

実際はその生物でキチンと意味があって必死に群れているのはある可能性もあるけど。

 

そういう光景とか、群れている光景を見て、近寄りたいと思って人間が歩いて行ったら、敵だと思って殺されるかもしれないから、逃げる生物が多いと思うんで、近づいたら逃げるという事なんでしょうけど。

 

今思ったけど、最近、雨が多いですが、鳥は飛びづらい時期になっているなとかなってるだろうし。

 

単純にそんな事を思った感じでした。

日記を書いてる感じですけど。

おすすめの記事
コロナ(※間違った私の情報記事もあるので注意してください)
アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は持ち株を処分し、550万ドル(5億7000万円超)の富を手にしたし、サリー・シュズマン副社長も220万ドル(およそ2億3000万円)分の株を売却した。
東日本大震災があった後、急に株が上昇した時のことを思い出します。 当時、私はこのような時に株の上昇する動きを見て、はじめて、お金って何なんだ...