今見つけましたが、インボイスは自動販売機は特例として、

3万円未満の自動販売機による飲食料品の販売、ATMの手数料などは、インボイスの交付義務が免除されます。一方、ネットバンキングの手数料は対象外です

 

やっぱり、大手の企業は、こういうの先手をうって政治に介入しているみたいですよね。

そもそも、消費税が購入者が払うものだと認識しているのなら、なんでインボイスの特例ができるのか。

 

今書いていいかと思うけど、自動販売機でも企業からすると広告効果もあるわけでしょうし、

それを自動販売機設置者は、その広告効果での利益も知らずに

宣伝してくれている状態でしょうし、そういう意味でもなくなったら困るだろうし、

自販機を設置するのはタダですけど、電気代は設置者になるので、

仮に電気代で赤字になるくらいの利益だったら、

企業側も自販機の運送費に見合わないなら止めたいでしょうし。

逆に向こうから赤字だから辞めたいと言ってくれる感じでやっている状態だと思うし。

 

企業もタダに近い感じで

広告してもらってるってのもありますから、

ギリギリで自動販売機をやっている田舎とかでやっている人もいるだろうから、

自動販売機を回収したり、撤去する費用とかも発生するはずですからね。

 

後、企業は名目上は消費税を払っている側となっていると思うから、

値上げするかという事をしたら、高くてジュースを買わなくなるだろうから

やりたくないとかもあるかもしれないし。

インボイスの話でいうと免除じゃなく、個人でやっているレベルの人は、

インボイスをしなかったら、ルール上、その分、企業側が払わないといけないというのも

出てたはずなんで。

 

特例がなかったら

自動販売機の設置者が、例えば極論100円だけ儲けがあったら、消費税分10円払う為に

銀行とかいかないといけないから面倒だって人もいる気もする。

自動でなく、手間が発生するとか。やめようとか。

そんな事はないか、通帳から自動でとられるだけか。

とられるという行為も嫌ですからね、本来。

その分のお金を残しておくかってありますからね、ギリギリでやっているなら特に。

払う前に使わないと生活できないとかって人って絶対出ますからね。

それは、私や他の人も出てくる話なんですけど・・・。

勝手に金がないのに借金をしている状態になりますから。

これが一番怖いんですよね。法人税は赤字は払わなくてもいいらしいけど

消費税は赤字でも払わないといけないお金になっているという話らしいので。

 

軽いか、重いかわからないけど、闇金融に金を借りている気分ですよね。

 

特例といっても、企業側が損するからっていう意味で

おそらく、この特例ができたわけなんですね。

 

そう考えると、やっぱり前に書いた10万円の収入=給料の人は1万円を払わないといけなくなる

事とか知っているように私は思うんですよね。個人的な意見ですが。

消費税と法人税ってほぼ同じ感じで下が上げの変動をさせているわけなんで、

企業は実体験しているわけなんで消費税は、企業が払わないとものだと認識しているでしょうし、

企業は当然知っているだろうから、自民党も知っている人は知っているでしょうし、

そうなると財務省が理解していないとは思えないんですよね。

 

それだったら、こういう状態の人にも特例をつけた方がいいと

考えられたはずだし。

 

そう考えると、公平というのは建前でやってると考えた方が

自然に見える。

 

前に書いたけど、それで田舎などで自動販売機をやっている人も

同じ思いをしろとかってなると、単に全体的に崩れるから

やめた方がいいですけど。

 

 

後、自動販売機がこういう特例がなかったら、当然ですけど、

世の中から自動販売機が少なくなってきたり、

設置している人がやめないといけない事での

インボイスや消費税が危険だと一般人にも認知されるかなとも思ってたんですが、

それは良くも悪くも回避されましたね。

 

こういうの知らない方が幸せかもしれないですね。

また、やる気がなくなってきた。

 

なんか、違うブログになってきた。

よくあるブログに近い。

まともな事を書いている。

 

・・・国に殺される。

 

本気でそうなる気もするけど、中小企業はなくなって、

そこにある自動販売機だけが残っている状態も

見えたりするかもしれないですね。

 

出世街道を走ってきた自動販売機様と呼んだ方が、いい事があるのかもしれない。

エリートコースです。

おすすめの記事