メルマガ登録したい方はこちらから。(現在、無料)

営利目的で作ったメルマガです。

具体的内容はこちらから。

私はアフィリエイトをしていてほとんどというか、すべてといってに近いくらいホワイトSEOで仕事をしてきました。

本当にもう無理だなと思ってブラックSEOをやりはじめてたりして、このブログでも書いていると思います。

ただ、なんとなく、世の中の仕組みというかそういうのを考えるとブラックSEOレベルで悪い事かどうか悩んでいるのは小さい事だと思えてきました。

権力者に都合のいいルールで動かされているだけで、権力者はルールというか普通の秩序すら守っていない感じで裏で経営が成り立っている気がしました。

このブログでもいろいろそれについて書いてはいて、私自身アフィリエイトで利益があまりない感じでしたが、グーグルのSEOについておかしいなと思う事とか書いてきました。

日本の企業や芸能界とかつながっている人達は少なくとも日本のグーグルにつながっているみたいなので、当然、お金か何かを企業から日本のグーグルへは見返りを送っているはずだと思います。

そういう中で私達、アフィリエイトをする側は仕事をしている部分もあるんだなと思いました。

こういう事を知ったついでというか、見返りにですが私の知っている事を書くと

私がかなり昔、この状態を知った時にネットでブログを書いて検索結果がどのくらいの場所にページがくるか検索エンジンの結果画面を目視でチェックした事がありました。

その時、知っている人はいるのかもしれないし、私だけのローカルのパソコンで起こった事なのかわかりませんが、自分で見たサイトが、検索エンジンの結果画面で何回見たか表示される状態に一時期なった事があります。

たとえば、「アフィリエイト」と検索エンジンで調べて検索結果で一位だったサイトを見たとします。

そして、次にもう一回、「アフィリエイト」と検索エンジンで調べてみると、検索結果画面の一位のサイトのすぐ下あたりに「1回」というような感じで、私が一回見たという表示が出てました。

この時期に、ニュースでアメリカのグーグルは、日本のグーグルに対して怒っているというような記事が書かれていました。

おそらく、私がそれを見て、やったのは日本のグーグルだと主張したと思います。アメリカのグーグルがやった事ではないと。

なんとなくですが、日本のグーグルはきっとその頃とか日本の業界の女性が私に良い印象があるというというのが面白くなくてやったりしていたようにも見えます。実際、今までのCMや他の企業や番組の作りなどを見ても騙されていない人なら、よく見るとそういう行為はずっと行われていたのはわかると思います。

(後から思い出したけど、単なる愉快犯だったかもしれません。私は盗撮されていますが、相手はプライバシーが守られているのが凄いおかしいです。本来、向こうが顔を出さないといけない事をしているのに)

この頃のアメリカのグーグルはこんな感じでしたが、正直、アメリカのグーグルとも今は私と関係は微妙だと思います。

この時に、私はグーグルは日本という企業単位でもあるんだなと知りました。きっと他の国でもグーグルはその国のグーグルの会社があると思うので、その国のグーグルの企業にある程度のSEOの操作権限が与えられているはずです。

確か、私のこのブログでもそういう事に近い事を書いていたと思います。

ただ、日本のグーグルが企業や芸能界と直接つながっている、要するに順位操作を依頼している事も十分ありうる状態だったことまでは知ってはいませんでした。

私のアフィリエイトのサイト自体は、いろいろやられているのはこのブログでも話してたと思います。

本来、普通の人がやったら順位操作されてもおかしくはない内容でもありますが。

小さい企業とかはきっとSEOを考慮してグーグルの順位アップを考えてたりするとは思いますが、実際は金のある企業などは、つながって順位アップできているんだと思います。

ASPだってサイトがブラックSEOで順位が上にあってやっているとわかっていても利益になるわけだから暗黙の了解でそれを認めていて、私達、アフィリエイターもそれをするかしないかの選択を考えているわけでもあるし。

ASPの企業ごとのリスティングのルール違反とかは、企業側に不利益になる行為であると思うから許可しないとかそんな世界でもあるし。

大小はどうであれ、アフィリエイターも同じような状態になっているのもあるなと思います。

当たり前といえば当たり前なのですが、最近になってようやくその考え方にいたりました。

私の状態もあるのでブラックSEOについてそれを実行するかしないか考えて行動してましたが、私にグーグルから利益があるわけでもないし、ホワイトSEOでやっていても私が順位が上がる行為を見つけても嫌がらせや邪魔をされていたわけでもあります。

・・こういう状態なんだなと思いました。

でも、私の場合、盗撮されて他のブラックSEOの手法を金を出したりして見つけて実行しても、それをグーグルが見ていて、実際にすぐ対応してますからね(笑)

やってみて、おかしいなとは思ってましたが、私は滅茶苦茶な状態です。アフィリエイトをやりはじめはこんな裏事情があるとは知らなかったので、サイトはどうせ見られるものだから、隠して作っても同じ事かなぐらいで仕事をやりはじめてもいたんですけど。

こういう事がある事を知らない人が多いと思うので、それに対して弊害があるかないかでグーグルだけでなく、他の企業や芸能関係も舵をどうとるかで動いている事が多いです。

それだけ私はお金とかそういう権力的な力がないとか、そういうものも原因になるとも思えます。

おすすめの記事
コロナ(※間違った私の情報記事もあるので注意してください)
アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は持ち株を処分し、550万ドル(5億7000万円超)の富を手にしたし、サリー・シュズマン副社長も220万ドル(およそ2億3000万円)分の株を売却した。
東日本大震災があった後、急に株が上昇した時のことを思い出します。 当時、私はこのような時に株の上昇する動きを見て、はじめて、お金って何なんだ...