自分で書いていて、変なブログであるし、ストレスや何かされることを書き残しておいているブログです。

それなのに300記事という節目となると感慨深いものを感じてしまうのは、人間なんですね。

(というか、公開していない記事を含めてもう少しで300記事でした・・・だから、まだ何記事か書かないとダメですね。)

 

客観的に見るなら、普通に考えるとわけがわからないなと思うはずです。

 

でも、集団ストーカーの被害の場合、書いておいた方がいいという話もありますからね。

どっちがいいかわかりませんが、書いても書かなくても何かしらあるはずです。

 

ただ、今、暇つぶしも含めて書いています。

 

24時間見られているので、そのストレスや切迫感とかいろいろあって、仕事をするとかプライベートな事に時間に費やすとか難しい環境ですので、暇つぶしに書くという表現をしています。

 

ただ、私もそうですし、逆に業界に長くいる人もその認識がないのかわかりませんが、集団ストーカーをやっている人は、人を操るというか、罠にはめるというか、そういう事はしていると思います。

ここまであると逆にわかると思います。

それを気づかないようにしているのか、どうかと私は逆に思ってしまいます。

 

逆にそう思い込むと、人間のストレス的に良くないのでしょうか。

そういう意味で話さないとかしているのでしょうか。

 

そうなると私が書くのは良くないのでしょうか?

 

今とかもそうだから、わざわざその人達の罠にはまるかはまらないかでもあるわけでもあるという思考になりますからね。

 

音声送信とか、集団ストーカー対策を有料で対策してくれる企業サイトがもうできて、インターネットで被害者の声を出している時代にもなっているし。

そういうのは電磁波が関係している事を世界では認識している場所もあるみたいで、日本は取り締まらない国みたいなのですし、もう国家レベルで行っているし、上の人は、自分も関係するかもしれませんが、その影響下でバランスやお金とか地位とかが築かれてしまっているから、電磁波を取り締まると本人たちの利権がなくなってしまうからなのは、わかりますね。

 

何年後、何十年後かに、ドイツのシュタージみたいに変な事をしていたとなるのか、そうならないないのか・・・どうなるんでしょうね。

当時のドイツとかどんな生活環境だったんでしょう。当時は戦争レベルでしたからね。

 

どっかでスノーデンの事を書いたことがあったり、インターネット上では一時期話題にはなってたんですけど、テレビとか、一般的には広まってなかったと思います。

ただ、私はそれを書いてもしたわけですけど、私を中途半端に何かの媒体で知っている人にそれとなくスノーデンの事を知っているか聞いたら、知らなかったみたいだから・・。

そうなると、こういう事実を書いている事さえ、その中途半端に知っている人は認識しないで生活して、善悪を判断して生活をして暗号なり、嫌がらせなりしているという事になっているのが今の裏の世の中っぽいですね。

予想だけど。

私は逆にその裏で作られた世界観の一般人と表現していいのか、そっちの情報とかはわからないし。

 

本当に思いますが、そういう事をしているのを含めて、私が中心というより、テレビ局とかジャーニーズなどが中心になって日本とか動いているわけなので、私は関係ないというかそんな気もするんですけど。

どう見ても電磁波とか、いろいろやっていると思うし。それを認識していない一般人は多いからしばらくは続けられる予想はたっているだろうし。

傍目でみると違う感覚なんでしょうか・・。

 

一般人が認識したからと言って、私の生活が良くなるかというとそんな世間は綺麗にできているかというと私を含めてそうだとも思ってませんから。

 

認識というより一番はそういう人達の目に入らないように生活するのがいい気もします。

 

芸能人とかはずして考えると、みんな、生活でやっている事ですね。

芸能人でさえ、プライベートを隠したりですからね。

 

そうじゃないと実際はキツイんだろうけど。

私もそうですね。

おすすめの記事