コロナの第2の新型コロナは年内に起こるのを知ってた人がいるみたいでした。

記事見て、今わかった、本当かどうかはわからないけど、トランプ大統領が戦っているのは中国ではなく、正確にはアメリカでいうトランプ大統領と反対側の人間なんですね、きっと。

だから、中国の武漢でコロナウィルスは意図的にばらまかれたとなると、それをやっているのはトランプ大統領と反対側の人間だから、日本の記事とかでは、トランプ大統領は中国に対策をしているとかなっているのは、中国のそっち側の勢力という意味なんですね。きっと。

 

 

そういう流れがあるから、地元の新聞は社長職を逃げたという事な気がしてきました。

トップ記事を書いている人とか知ってると思うし。

 

ディープスロートって言葉自体あるのも、私は知りませんでしたが、そういう事なんですね。

ちなみに地元のトップ記事は、単にH方面的での愉快犯なんだと思うけど、ディープスロートには逆らえないから、そういうのは触れないとかだったとか。

 

私自体、こういう生活だったのもあるけど、どっちが幸せになるのかもわかんないなと思って書いてます。

音声送信とかはなくなるのかもしれないから、いい可能性はあるけど。

どこかでみたけど、右と左にはさまれて、どっちいっても嫌がらせをされてたという人がネットで書いてたし。

世界がどうだこうだというわけでなく、個人的な範囲での話の予想ですけど。

 

 

 

地球人類の光と闇

人類の過去・現在・未来について光と闇をまとめるサイト

 

【転載】サイキックLJさんの今後の動向(2020/7/2)人工パニックの目的はワクチン・2020年は真実の年・洪水・地震

【転載】サイキックLJさんの今後の動向(2020/7/2)人工パニックの目的はワクチン・2020年は真実の年・洪水・地震

【転載】サイキックLJさんの今後の動向(2020/7/2)

ソース:真実の泉 - ディスクロージャー

前回の予言で人混みに注意と言いましたが、米国シアトル、ケンタッキー、英国スコットランド南西部のグラスゴローで銃撃がありました、これは、これからもっと悪化します。注意して下さい。気持ちを強くもって、家の中にいるように。ドアを閉めて下さい。外では、暴動が起きるでしょう。(欧州、米国がメインかと思います)今夜はグローバルなイベントを見ていきます。

我々を騙している多くの暴露も出てくるでしょう。

では、ゆったり楽に座って下さい。予言を始めます。

英国は嵐になっています。ルイーズ・ジョーン(LJ)がお届けします。

ー ポンド£のマークが出て来ました。お金に関係している・・投資家達・・通貨は変わっていくので、それに関連する提案が今年から来年にかけて出て来ます。

ー 焦げ茶色の髪の毛の男性が二人、新しい投資家が出てきて、従来のシステムを迂回する様な新しい通貨が出てくるかもしれません。ビットコインの様なものかもしれません。これで、かなりお金儲けが出来るでしょう。今年の暮れまでに成果が出なければ、来年の初頭になるでしょう。これは世界中でお金の投資として、儲ける事が出来ます。

ー 緑色が見えるのですが、これは「お金」を通常意味していて、良い感覚が伝わって来ます。

ー 経済のシステムは、次の18ヶ月の間に変化が起き始め、3年間でかなり大きく変わります。

ー また出て来ますが、金・銀・プラチナの価格は非常に上がります。(日本では買ってから5年以内に売ると税金が高いので注意。長期的な投資になります。)

ー 世界銀行システムの問題の暴露も年内に出て来てきます。16,22 これは日付でしょう。9,10,11これは月だと思います。このニュース、女性がからんでいますが、世界的に報道され、そこから次々とスキャンダルが浮上します。

ー 今起きているパンデミック、経済の停滞・・・これも人工的な策略です。意図的なもので、これも暴かれていきます。

ー New World Orderという言葉が出てきます。3つのプランが袖下にあった様です。今のシステムに依存させる様な仕組み、支配が目的です。中流階級の人達がお金持ちにならない様に維持するシステムです。

ー 世界銀行が隠していた事も出てきます。これは非常に強く出てきています。お金を作るシステムが崩壊しようとしています。実際には、もうお金がないというのが現状でパニックになっている。IRSが登場します。大きな犯罪が明るみになるでしょう。年内出てくるはずですが、遅くとも来年初頭には出て来るでしょう。

※ 執筆人の補足
IRS … Internal Revenue Service アメリカ政府の税徴収機関(アメリカ国税庁)

ー パンデミックも全て我々をコントロールする意図で仕組まれていた。

ー 冬の時期にこの大きなニュースが出てきます。ビッグベンも見えるので、ロンドンでも同時期に大きなニュースが出てくるのかもしれません。

ビッグベン

ー スパイ、スパイと出て来ます。トランプとロシアの問題が出ていましたが、何かそれに関係している様です。3〜4人の人が告訴されて、大きな調査が始まるでしょう。10月、11月から暮れへと、次から次へと暴露・真実が出てきます。トランプを批難している人達が自らボロを出し自滅して行く様な感じになります。

ー アダム・シフ(アメリカ合衆国 下院議員)が非常に強く出てきます。ロシア批難。。。これがイランに繋がり、オバマに繋がっている様です。1回目の報道から2回目の報道で何かひねりのある展開になります。これも年末から来年初頭くらいの間に浮上して来ると思われます。

アダム・シフ氏

ー 米国だと思いますが、民主党と共和党が対立しています。これは史上初の最も大きな裁判になるでしょう。

ー SとR、 GとSというイニシャルが出て来ています。

ー 全てが暴露された後、新しい経済システムがけっこう早い速度で出て来ます。

ー 米国の大統領選の前に、3つの大きなイベントが発生します。その内の一つはスキャンダル、フード・チェーンについて。農家の人達が見えます。これは世界的に報道されます。

※ 執筆人の補足
アメリカで最も店舗数の多いファストフード・チェーン
1位 … サブウェイ(Subway)
2位 … マクドナルド(McDonald's)
3位 … バーガーキング(Burger King)
4位 … タコベル(Taco Bell)
5位 … ピザハット(Pizza Hut)
6位 … ウェンディーズ(Wendy's)
7位 … ドミノ・ピザ(Domino's Pizza)
8位 … ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)

ー 何度も言ってますが、2020年は真実の年になります。

ー かなり大規模なデモが英国、欧州、オーストラリア、米国で発生します。

ー フード・チェーンが非常に強く出てきます。フード・チェーンのシステムも変わります。

ー 病気に関する大きな嘘が暴かれます。牛が見えます。牛でなければ家畜に関するニュース。カウボーイ・ハットをかぶっている人が見えます。

ー 米国の各州がなぜか境界線をシャットダウンしている映像が見えます。良くない国々と貿易を始める様子が見えます。その国々の持っている秘めてアジェンダを知る事になります。法律が変わって行きます。

ー 中国がまた見えます。英国や米国の農家の人達が何か告訴します。。いずれは良い方向に変わって行きます。

ー 全ては崩壊して行きます。しばらく時間をかけてです。

ー 水に関するニュースも出て来ます。水に注意。
(洪水の事かもしれませんね。今日本では熊本が大変な被害に合っていますが、ここ数日でカナダ、ブラジル、インド、中国でも大規模な洪水が起きており何万人と被害が出ています。)

ー とても寒気がします。年内にまた病気Xが出て来ます。これはとても強く出て来ます。最近中国の豚インフルのニュースがありましたが、第二波が来る・・・でも同じウィルスではないと感じます。でもニュースで報道される、そのウィルスの原因は嘘です。これは生物兵器の戦争だと感じます。

ー これも全て計画的であり、世界的に大衆にワクチンを打つ事が目的です。この計画があった暴露の書類やEメールが出て来ます。

ー 「お肉を食べる人は食べても安全。でも農家の人にとってはそれは嘘。」と出て来ます。

ー 米国で警察官が並んでいる様子が見えます。煙が見えます。南部やカルフォルニア、キャピタル・ヒル(ワシントンDC)注意して下さい。とても強く出て来ます。全ては、封印されているエネルギー、癒されていない土地に関係しています。

ー 騙されてはいけない。皆、アセンション(目覚めていく)している

ー これは千年に一度の内戦になります

ー シアトルでも大きな逮捕があるでしょう。でも、米国も全てを通過して再び立ち上がります。とても強く出て来ています。

ー インドの首相、ナレンドラ・モディが再選されます。

インド モディ首相

ー イランと中国が出てきます。2020年末から2022年くらいの間、米国と戦争になります。それがインドにも影響します。インドの経済や通貨が中国の影響を受けます。インドの人も金を買うと良いでしょう。インドの米産業にも変化が起きます。

ー チベットは、再度独立国となります

ー アクア・カルチャー(水産養殖)が非常に大きく発達していきます。野菜も水で育てる方法が広まって行きます。インドでも広がり、世界的にも流行ります。

ー アフリカで豚コレラが10月、11月に大流行。中国が関係しています。

ー アフリカで人々が家から追い出されています。中国でも起きています。家が燃やされています。

ー ニューヨークでも大きなニュースが出る。ルー ディ・ジュリアーニ(元ニューヨーク市長)の顔が見えます。

ルー ディ・ジュリアーニ

ー ジャレッド・クシュナー(大統領上級顧問、イヴァンカの夫)とトランプ大統領が何かに署名しています。

ジャレッド・クシュナー氏

ー 新しい通貨が見えます。とても強く見えます。

ー 大統領選挙の頃、前に言いましたが、飛行場で何かが起きます。とても広大な緑のある場所。飛行機の爆発。注意!注意!と出てきます。

ー インドあるいはインド洋で津波が発生する。

ー ロスアンゼルス、カルフォルニアで地震に注意

ー アメリカン・インディアンの私のガイドであるジェードが出て来ました。「土地は民に変換される」と言って、誇らしげに立っています。"Power to the People" と人々が行列になってマーチをしているのが見えます。

ー 複数の大きな船が寒い冬の時期に何かニュースに出てきます。

ー 英国で2件の投票(?)が見えます。年内でなければ2021年の春までに起きるでしょう。

ー スコットランドの大臣ニコラ・スタージョン(49歳・女性)が見えます。スコットランドは再び独立国となるのが見えます。

ニコラ・スタージョン氏

ー イギリス人がみんなスコットランドに移住しようとする・・・何かイギリスの政治の問題が浮上します。

ー 再びハドリアヌスの長城の時代の様に、スコットランドとの境界線に塀が出来る。これは実際に起きるのか?比喩的な意味なのか?分かりません。年内か来年。

ー イギリスの欧州連合離脱、通称ブレグジットに関する嘘が浮上。戦争犯罪。ジョンソン首相が調査されます。また「スパイ」という文字が見えます。。これが米国のコールド・ケースに繋がっています。コールド・ケースがまた再び持ち上がります。全部がジグソーパズルの様に、繋がってきて、泥沼劇が明らかになって行きます。

ジョンソン首相

昔の事件に戻って、人類に対する非常に大きな犯罪が明るみになります

今年の大統領選を止めようとする動きが出ます。とても強く出て来ます。

ー 多くの報道陣のカメラの前で、軍人達が立っていて、書類を手にし、大衆に命令を下す記者会見をします。寒くて暗い夜になります。

ー その命令とは、大衆に何か保証するという様な署名をさせるものです。家の中に入りドアを閉めて下さい。

ー トランプ大統領がトランプ・カード(切り札?)を引き出します。これが とても強く出て来ます。

ー  次の2〜3週間で非常にジューシーな(濃い)情報が出てくるでしょう。

ー 大きな暴露がもうまもなく明るみになって来るでしょう。

ー 最後にもう一つSpace Xに関する大きなニュースが出て来ます

SpaceX

ー 心の準備をして下さい。また新しいウィルスが登場しますが、わりと早くにこれは止められます。これは情報の戦争です。メディアー 、ソーシャル・メディアの嘘、情報の戦争です。

ー もう直ぐ、スクリーンに現れる事は、とてもショッキングな内容です。

ー 前も言いましたが、ハリウッドの大きなスキャンダルもニュースに登場します

どうか皆さん、安全に過ごせる事を願っています。気を強く持って、前向きに過ごして下さい。家の中に入りドアを閉めて下さい。最終的には、良い世の中に変わって行きます。

イルカと平和が見えます。

- 転載終わり -

おすすめの記事