コロナの件に関しての内容ですが、個人的に読んでそうなんだくらいでしたが、

いつ、この内容を私が見たか忘れるかもしれないので、のせました。

 

意図的かどうかはわかんないけど、

データは違ってて、ワクチンの有効性はあやしい。

これは、前からあったし、千川メンバー関連でテレビから盗撮されて

嫌がらせがあった後くらいに、Nスタだったかで、

ワクチンが効かない可能性があると報道自体はしてたと思うし。

 

その後の報道は見てないから、またワクチンが有効だという流れになっていたようで、

コロナウィルスの変異体が出てきて、

(変異体が出る前に変異体の名前とスケジュールが予定されてたみたいだけど)

いろんな人が打ってたようにみえるけど。

 

プーチン大統領の話を日本語で書かれたものが本当なら、

ロシアでは変異体はディープステートのフェークニュースだという話だし。

 

岸田総理がノーマスクでトレンド入りしているみたいだし、

マスクしてないしてるというより、

それで岸田総理や他の国のトップたちが

コロナウィルスにかかってないデータの方がとも思うけど。

 

前とか、どこかの国の国務長官だったかなんだか(役職、違ってると思うけど)

コロナにかかったとなって騒いでたりしてたのに、

業界人もかなりそんな感じでしたよね。

 

ドアノブとか消毒液をかけないとダメとかやってた思うけど、

そのレベルの状態もなくなってますし。

スーパーとかだと消毒液はされるけど、そもそもコンビニとか入り口は

金属の部分を握って入るドアも多いですよね。

話したらキリがないけど。

 

プロ野球はやってるし、相撲もやってるし。

スポーツをやるのはダメとはいってないので。

 

むしろ、そのコロナとか、変異体の話や情報が嘘で、

スポーツ選手になれなかった人の方がどうだろうと思うし。

 

日本人が本当に疑問に思ってないのかどうか・・よくわからない。

コントだと周りが笑うと笑いますからね・・・。

リテラシーなんでしょうね。

 

コロナがどうなっているかの情報はわかんないけど、

見ていて変ですよね。

 

 

 

今回は衝撃のレポートをお伝えする。

タイトル通り、厚労省が公式データ修正 →「ワクチン有効」は嘘だったという内容だ。

まずは手っ取り早く、キモのグラフからご紹介したい。

データ修正前はこのように、きれいにワクチン接種による感染予防効果が確認出来ていた。

ワクチンを打てば打つほど、感染者は減っているのがよくわかる。

これを見れば、

「ワクチンは打っておいたほうが良さそう!」

と言う感想になるのは当たり前だろう。

そして国も、こうしたデータを元にコロナワクチンは

「感染(発症)予防に効果あり」

と新聞広告を出していたし、報道各社もそのように報道していた。

忽那先生もこちらの記事で、この厚労省のデータを元に「ある程度感染を防ぐ」とされている。

 

熊谷千葉県知事もこうしたデータを元に、こんなツイートをされていた。

 

というところまでが、これまでの流れ。

ところがなんと!このデータが「インチキ」だったと、厚労省が正式に公表したのだ。

厚労省は毎週、ワクチンに関するデータを公開するのだが、さる5月11日の発表から重大なデータ修正。

その結果がこちら。

拡大してみよう。

データ修正のあと、突如として水色の「未接種(の陽性者数)」が半分以下になった。そして、「未接種(の陽性者)」が半分以下になったせいで、「2回接種(の陽性者)よりも少なくなったのだ。

これはつまり、2回接種した人のほうが、未接種の人より、人口10万人あたりの陽性者数が多い、ということだ。

えっ?
ワクチン接種者のほうがコロナに感染しやすいってこと?

微妙な差だが、このグラフからはそういうことが読み取れる。

しかし衝撃だ。

これまで国は、ワクチン接種を国民に対して強く推奨してきた。子どもに至ってはコロナでの重症・死亡例がほとんどないにもかかわらず(つまり子どもにとってはインフルエンザ以下の疾患)…、政府は子どもたちにまで声高に「接種をご検討ください」と言っているのだ。

それなのに、

ワクチンを2回接種しても現時点では未接種者とほぼ変わらないか、高齢者は感染しやすくなってるかも…

というデータが今回正式に出てしまったのだ。

実はこのような傾向はイギリスやスウェーデンなど、国がしっかりした統計を公表している国ではすでに見られていた傾向だ。

でも日本の厚労省は公式発表では前述の通り、「ワクチン接種者」はやはり感染しにくい、と言っていたのである。本当かな?と思いつつも、まあ、今回のコロナは国ごとに感染者数も死者数もまちまちなので、そういうこともあるかな、と思っていた。

そんな中、SNSを中心に、

発生届の接種歴「未記入」が怪しい…

データに不備がありそうだ…

と、話題が盛り上がり、その結果今回、厚労省がデータの間違いを正式に発表ということになったのだ。

どんな間違いだったのかと言うと…

今回発表のデータの下の方の注釈欄に、小さ〜くこう書いてあるのだ。

簡単に言うと、

医師から提出される検査陽性者一人ひとりの「新型コロナウイルス感染症、発生届」には、ワクチン接種歴を書く欄があるのだが、全ての発生届のうち2〜3割は「未記入」だったそうなのだ。その「未記入」の例を全て「未接種」に分類していたということだ。

私も新型コロナの診療に携わっている(高齢者施設のクラスター対応もした)ので、現場の医師の気持は良く分かる。

正直なところ、コロナ陽性が判明した患者さんに対しては「これからの治療」に全精力を傾けるので、その人がワクチン接種してたかどうかはそこまで重要ではないのだ。

もちろん、国の統計という意味ではワクチン接種歴は重要なのだが、現場感覚としては2〜3割が「未記入」というのは「そんなところかな」という感じだ。緊迫した現場で、そこまで余裕のある医師はそう多くはないのだろう。

ただ、医師が「未記入」で提出した患者さんはあくまでも「未記入」であってその患者さんが「未接種」だったということではない。今はもう8割の国民がワクチン接種をしているのだから、「未記入」の中にはワクチンを接種されていた方もかなりの割合で含まれていたであろう。これをそのまま「未接種(の陽性者)」のグラフにぽんと上乗せして計上してしまうと言うのは…はっきり言ってありえない。

ということで、2〜3割の「未記入」がそのまま「未接種(の陽性者)」に計上されていたのが、こちらのグラフで、

データの「ウソ」がバレそうになって公式に修正した後のグラフがこちら、

というわけだ。

…国民は、「ワクチンは有効」というデータを見せられ続け、それでワクチンを打った人も多かっただろう。

でも、そのデータが「ウソでした」…なんて

ゴメンでは済まされない!のは当然だ。

ここは多くの国民が怒っていいところ(怒るべきところ)だ。

本当に呆れてものが言えない…。もうモノが言えないのでここで終わりにする(T_T)

【補足】
なお、今回提示したグラフは40歳−64歳までの年代ものでした。その他の年代では、こうなる。

若い世代では「2回接種」の方が「未接種」より陽性者が少しだけ減っている。ただ、40代以降ではそれが逆転している。

元の資料には10歳ごとのデータが載っていて、各年代ごとにその結果はまちまちなのだが、まあ、一言でおおまかに言ってしまえば、未接種と2回接種者では人口あたりの陽性者数はほぼ変わらない(若い世代ではワクチンの有効性が保たれてるけど、高齢になるに従ってその効果が薄れ逆転してきてしまっている)というところだろう。

また、3回目の効果については各年代、さすがに「3回接種」の人たちの中での検査陽性者は少ないようだが、年代によってはそれさえ逆転していることもある。

以下は、65−69歳の4月25−5月1日まで(現在得られる最新のデータ)だが、10万人あたりで未接種で検査陽性になった人より3回接種したのに陽性になった人の方が多くなってしまっている。

やはり、イギリス・スウェーデンと同じく日本でもワクチンの効果は減弱してきているのだろう。

もちろん、接種してすぐの時期(昨年の夏〜秋くらい)は効果が高かったのかもしれない。ただ、その時期のデータも全て「ウソ」だったわけだから、それすら検証のしようがない…というのが本当のところだ。

ワクチンの効果や国際比較などは、こちらの拙著でも書いているので参考にしてください。

おすすめの記事
トランプ軍!日本のメディア、テレビ局に最終通告【緊急放送】逆らったら犯罪組織としてお縄です!脅威のE-3Bが横田基地に!ストラトタンカー護衛!東京上空が慌ただしく自衛隊機も入間周辺を旋回中!ヘリも都心部を旋回中!日本の地下要塞!クローン製造工場!DS拠点の全滅!四国の闇にメス!瀬戸内海の闇にメス!日本DSの最後は間近!2021年8月12日!
コロナ(※間違った私の情報記事もあるので注意してください)
トランプ軍!日本のメディア、テレビ局に最終通告【緊急放送】逆らったら犯罪組織としてお縄です!脅威のE-3Bが横田基地に!ストラトタンカー護衛!東京上空が慌ただしく自衛隊機も入間周辺を旋回中!ヘリも都心部を旋回中!日本の地下要塞!クローン製造工場!DS拠点の全滅!四国の闇にメス!瀬戸内海の闇にメス!日本DSの最後は間近!2021年8月12日!
すみませんが、個人的にすべての芸能人や業界人が悪人だとも思えていないので、のせてない記事もあります。 でも、そういう事態も込めて、嵐もそうな...