こんな記事があるのを見つけました。

 

 

という事は・・。

ワクチン マスコミ 業界は、最低でも2021年8月初旬には酸化グラフェンがワクチンに入っているのを知っているはずです。

またですが、ファイザー製薬の社員、今度は現場にいた人の証言ですから。

その情報が、広まっていく可能性はありますからね。

書きづらい内容ですが。

 

ちょっとオーバーですが・・。

本当かどうかもわからないというか、ほぼ業界は知っていた思うけどどうなのか。

間違ったたらすみません。デスノートのライトの画像を使ってみました。

私はライトでないと思うので、いいや。

業界人は身代わりにライトを菅田としてるのかどうか(笑)

菅田そういうの好きそうだし。

カッコいいキャラなんですけど・・・ついてない人生です・・私は頭が良かったら、業界人を待たずに遊んでおけばよかった・・こういう人生だし、本当にハチ公みたいな事をしてました。

 

身近な私の環境は、ATVの千川メンバーによる暗号でオーバーな表現ですが、殺しにかかっているというか、人生破壊状態は確実に進んでおります。千川メンバーは楽しくテレビに出てそうだけど。

 

私は、人によって信じる人と信じない人がいるかもしれませんが、そういう話を知らされていない方です。

そもそも、業界にコンタクトをとろうとしても、とれない事を12年は経験して、集団ストーカーに合い続けているし、昨日も集団ストーカーにあってますから・・それも書いとかないと、もう面倒だから書かないかも・・。

これは、もう殺人の類なんじゃないかと私は思うけど。

震災の人工地震みたいな空気で国民全体がいくかどうか・・・そんな不安を業界は抱えているだろうし。

 

謎が解けてきました。なんでワクチンであれだけ被害がある人がネットで見られるのに、ワクチンを業界人が打っているのか・・。

少なくとも、自分たちはワクチンを打っても、大丈夫であり、そういう症状は出ないだろう事を知っているからですね。

 

書いていて、また間違っているとしたらすいませんが。

 

凄い、前から疑問だったんですね。なんでネットであれだけワクチンで症状を訴えたり、少なくとも亡くなっている人がいたり、政府がワクチンの副作用などがあったという人がいたり、亡くなっても認めないのを表でも出てわかっているのに、なぜ、ワクチンを打てるのか。

 

前にも書きましたが、ファイザー製薬はワクチンに、わかるだけでも「酸化グラフェン」が入っているものと入っていないものが存在してます。

こういうのが入っていない方のワクチンを業界人は打っている可能性が高い気がします。

 

片側顔面麻痺を患ってしまったアメリカ人の女性をネットで動画で見て被害を訴えてましたが、失礼ですが、それがマスコミなどがするクライシスアクターでないとすると、本当の訴えですよね。

当たり前ですけど。

 

このような症状が出る可能性があるワクチンを打って、テレビなどで見る有名な著名人が片側顔面麻痺になったとしたら、普通、国民はワクチンを打たないですよね。

そういう症状が出ないという事は、ワクチンに片側顔面麻痺になるような類のものが入っていないから、著名人は誰一人そういう症状になった人がいないと考えるのが自然です。

かなりの著名人での治験人数になるだろうし、テレビで見ているんだから一般人もわかるだろうし・・・というか、ここまで書いても、わからない人もいるでしょうけど。

 

テレビでの超能力者や霊能力者などの企画番組を信じている人とかは特にそうだと思います。

 

 

 

【解毒】『酸化グラフェン』の排出方法に有効なのは やはり『お酒』?/他に有効な解毒方法

2021年8月3日

【解毒】『酸化グラフェン』の排出方法に有効なのは やはり『お酒』?/他に有効な解毒方法

おすすめの記事
アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は持ち株を処分し、550万ドル(5億7000万円超)の富を手にしたし、サリー・シュズマン副社長も220万ドル(およそ2億3000万円)分の株を売却した。
コロナ(※間違った私の情報記事もあるので注意してください)
アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は持ち株を処分し、550万ドル(5億7000万円超)の富を手にしたし、サリー・シュズマン副社長も220万ドル(およそ2億3000万円)分の株を売却した。
東日本大震災があった後、急に株が上昇した時のことを思い出します。 当時、私はこのような時に株の上昇する動きを見て、はじめて、お金って何なんだ...